Tiny Light – 鬼頭明里

優しさに触れて 残る温度
消えないまま 愛しいと言えたら
心は軽くなるかな

閉ざした 扉の向こうで
微かな声が聴こえてる
踏み出すことさえも
出来ないから
孤独に寄り添ってる

まだ この胸の中 生きづいたまま
小さな灯し火のような想いを
風に吹かれぬように
雨に濡れないように ずっと
抱きしめてた

ただ 真っ直ぐなまま 願う強さも
泣き出しそうになる 脆い自分も
君が居なきゃ 知らなかったんだよ
偶然の中で運命を見つけた

瞳閉じる度 記憶の海 漂っては
深い夢のあと 面影を探してたんだ

変わらないモノクロの日々に
君が色を添えてくから
滲んだ過去さえも いつの間にか
意味を持ち始めてる

まだ この胸の中 隠したままの
痛いほど 愛しい こんな想いを
いつか消えてしまうその前に
届けたい人は 君だけなんだ

どんな 涙も どんな笑顔も
全ては君のためにあるから

まだ この胸の中 生きづいたまま
小さな灯し火のような想いを

風に吹かれぬように
雨に濡れないように
ずっと 抱きしめてた

ただ 真っ直ぐなまま 願う強さも
泣き出しそうになる 脆い自分も
君が居なきゃ
知らなかったんだよ
偶然の中で運命を見つけた

君がいるだけで 世界は変わった

コメントを残す