Star Arc – 鬼頭明里

こぼれた星のかけら
辿(たど)り着く場所を知りたくなって
果てへと向かって 走り出すよ

誰かの願いが叶うたびに 怖がっては 手放してた
自分の願いの居場所をずっと 見失ってた

「全ての願いは叶うわけない」
って笑っては 誤魔化してた
手に入れたもので満足だって 信じていた

壊れた夢のかけら
地平線 堕(お)ちてゆく流星群 希望に向かって弧を描(えが)くよ

どこまで走ったって 変わらない景色だって
もう一回 もう一回 儚(はかな)い祈りを繰り返すよ
たとえ泣いたって 諦(あきら)めないこと誓った
もう一回 もう一回 やり直し前へ進めるなら

この想いは色褪(いろあ)せない
始まりの場所を思い出した 夜明けを待たないで進むよ

誰かに願いを話すたびに 恥じらっては 繕(つくろ)ってた
自分の願いの結末さえも 決めつけてた

「ここからもう一度 始めてみれば」胸の奥 声がした
手に入れたものは全部乾いて 消えていた

心に弧を描(えが)いた 光の行く先見ないままで
生きていくなんて もうできない

どれだけ走ったって 届かない場所だなんて
言わないで 今、泣いて 堪(こら)えた想いが溢(あふ)れだした
自信がなくたって やめられないこと悟った
もう一回 もう一回 きっとまだ世界は素晴らしいんだ

この熱に嘘はつけない
始まりの場所は胸の奥で 瞬(またた)きつづけてる

心惹かれてく 理由なんてわからない
今はまだ 遠くても
すべてを 解(わか)る日が 来る

地平線 堕(お)ちてゆく流星群 希望に向かって弧を描(えが)くよ
力の限り 光って―――

心に広げた 頼りない未来図追って
必ず 必ず 夢見た場所まで辿り着くよ

たとえ泣いたって 諦(あきら)めないこと誓った
もう一回 もう一回 やり直し前へ進めるなら

この想いは色褪(いろあ)せない
始まりの場所は胸の奥で 瞬(またた)きつづけてる
ここからもう一度始めてみよう 夜明けを待たないで進むよ