dear my distance – 鬼頭明里

一人の時間が 経てば経つほど
慣れてくるもの と思っていた
僕は臆病者だ 平気な顔して
本当はどこかで 恐れていた

こんな筈なんかじゃなかったって
言い訳ばかりが 増えてゆく
君の記憶から僕の事だって
消えてしまうよ

あともう何十年 長い旅のどこかで
落としてきたものを 拾い集めよう
こんな自分が 嫌いになってもまだ僕は
足を止めない

どんな未来だって 大丈夫だろう
怖くはないと 思い込んだ
両手いっぱい抱えて 歩いた道を
振り返ることは ないのだから

もっと自分を 認められたら
見える景色も 変わるかな
一人きりだと 思っていた僕は
気付き始めた

何十年先も 歩き続けていたいよ
君の声が遠く 聞こえなくても
広い世界で 僕がここにいる意味 もっと
わかりたいんだ

ここから 続く空は まだ 色はないから
鮮やかな 自分だけの“青”描いてゆこう
新しい世界

あともう何十年 長い旅は続いてく
たくさんの思いを 抱きしめながら
こんな自分も 嫌いじゃないと 僕は
いつか…

何十年先も 歩き続けていたいよ
君の声が遠く 聞こえなくても
広い世界で 理由をみつけられた僕は
足を止めない

いつかもう一度
会いにゆくから