キミのとなりで – 鬼頭明里

沈黙が横たわる真昼に
主張するふたつの鼓動
いつだってわたしのほうが駆け足で
散らかった思考が陽に透けてキラめいた

気ヅイテイマスカ 近くて遠い
ふたり 名前はまだいらない
きっとよくある明日の前に
見つけあった今日が
イトシイとか… どうして、笑えない

あと何十回何千時間 一緒にいれば
“いつも通り”と呼べるようになれるかな
キョドウフシンな感情は時に
自分さえ裏切って
振りかざす純情じゃ泣いてるみたいだ
“いつも通り”の予習させて
もっとふたりの今日に
あふれて光ったオモイを
抱きしめていこう

だって待ってる 駆け足で待ってる
だから今日も待ってる …追いついてよ

赤裸々になりきれない矛盾で
気まぐれなわけじゃないの
見抜かれてみたい だけどその先は?
アタマでうそぶく未来に目を凝らす

教エテクダサイ 浅くて深い
ふたり 昨日とは違ってる
引き返しても同じになんて 戻れないなら
イトシイとか… 言っても、いいかな

ねえ何十回何百時間 一緒にいても
“いつも通り”と呼べるには足りなくて
ユウジュウフダンな感傷が常に
臆病にさせるんだ
こんなに好きだってわかってなかった
数えた時間飛び越えてく
きっと遠くないいつか
あふれて消えないオモイで
キミを照らすよ

一日ずつ重ねて 落ち込んだりしたって
またすぐに重ねて
ああ期待、したりしてる
一日ごとふくらむ 確信してるよ
名前をつけてもいいでしょ?
まぶしくてあたたかい これは、これは、

あと何十回何千時間 一緒にいれば
“いつも通り”と呼べるようになれるかな
キョドウフシンな感情は時に
自分さえ裏切って
振りかざす純情でフライングしたい
“いつも通り”の予習させて
もっとふたりの今日に
あふれて光ったオモイを
抱きしめていこう

だって待ってる 駆け足で待ってる
だから今日も待ってる キミのとなりで