one stroke – 高橋優

君と僕との距離は今どれくらいだろう
歩み手を伸ばせば触れられそうだ かざしてくれるかい?
旅はここから始まるみたいだ
会えるのがたまらなく嬉しいんだ

ho…待ちうける景色はどんなだろう?
ho…どんなのでも楽しめそうだ僕らなら

君のまま 少年のまま

聞こえるよ 聞こえるよ
高鳴る胸の鼓動を
どこまでだっていけると
疑わないで心を

時が流れ 大人になって
君の中で 高鳴る
STROKE STROKE STROKE

口を塞いだまま今日を過ごしたのかい?
誰かの声で塗りたくられたジャケット 心地はどうだい?
こんなもんかと日々を諦めて
そのあとうずき出すのが道標

ho…遠くの方で賑やかしてる
ho…あれが世界の答えとは限らないさ

響かせよう その声を

聞こえるよ 聞こえるよ
あの日の夢と希望
叶えられやしないとか
本気で言ってないだろう?

時が流れ 大人になって
僕の中で重なる 業 失望
遠くに消えて 見えなくなった
耳を澄ませ 途切れぬSTROKE STROKE STROKE

またね またね と繰り返したね
きっと 聞こえなくても届いていたんだね

時が流れ 大人になって
僕の中で 高鳴るSTROKE STROKE
歳をとって 大人になっても
耳を澄ませ 高鳴るSTROKE STROKE STROKE