夜明けのページボーイ – 高橋ひろ

月灯りの下で泣きじゃくる背中を
きっと誰より心こめて好きだと言えた
くちびるならいつも恋人が噛むのに
肩も抱けずひとり浜辺で夜を明かすんだね

ホロスコープでならいつも恋の未来最高さ
燃えるような二人の日々も 星の彼方

さよならは悲しい時だけのものだよ
どうしてそんなに あなたは手を振る
悪戯や遊びでは決してないのに
大人になれずに さまようのさ
夜明けのページボーイ

地下鉄の入り口を駆け降りていく影
僕が見た記憶の最後さ もうここにない

あなたが刺したバラも 型くずれ野放しさ
棘だけをいとしく抱いて 今日も眠る

だからもう 僕は何も恐れるまい
奇跡を信じて 肩を叩くよ
悲しみは 傾きかけた風景画
ほのかな駅には 人も見える
夜明けの街

ホロスコープでならいつも恋の未来最高さ
燃えるような二人の日々も 星の彼方

さよならは悲しい時だけのものだよ
どうしてそんなに あなたは手を振る
悪戯や遊びでは決してないのに
大人になれずに さまようのさ
夜明けのページボーイ

コメントを残す