街路樹 – 馬場俊英

並木に立って 瞳を閉じて 耳を澄まして
冷たい空気 胸いっぱいに 吸い込んで 吐いて
明日のことも気にせず もっと歩いていける
誰のことも気にせず もっと笑っていられる
HAPPY BIRTHDAY

別に何も始まらない一日だって
きっと何かを終わらせないためにある
結果じゃないよ 立ち止まるな

もしも10年先の世界へ旅をする
その小さな蕾 何色に咲くだろう
自信を持っておくれ 矢印になって 進め

遅過ぎたり 早過ぎたり 時々あるさ
寄り道だって 遠回りだって その瞬間(とき)はメインストリート
どこにいたって 何をしたって 誰といたって
風が気持ちいいのは 汗をかいているからさ
心配はないよ 振り返るな

いつも君の周りは 陽溜まりのようさ
その姿で 誰かに幸せ運べる
勇気を出しておくれ 小さく笑って 進め

公園のベンチ バスケットボール 少年の歓声
まだ頼りない陽射しが 噴水を温めている
リードを放った 犬たちはまるで「明日なき暴走」
夕日が落ちて 灯る明かりに 無限のドラマ
HAPPY BIRTHDAY 抱きしめたい

あと20年 回り道をしてくるから
その蕾が 咲くところ見せてくれよ
いつも君の周りは 陽溜まりのようさ
その蕾が咲く姿 待ち切れないよ
心配はないよ 立ち止まるな 矢印になって 進め