産声 – 首振りDolls

一つ二つ三つ四つ 初めからめくっていく
五つ六つ七つ八つ 一枚づつ眺めている

十を数えあの頃はまだ夏の日が永かった
小さな地図 数少ない 登場人物はあのまま
十年それひと昔 まだ母のもの
夕暮れの鐘に急かされる後ろ姿

ゼロに一を足したノイズを繋ぎ合わせ
泣いたり笑ったりを繰り返していく
そして出会い別れをずっと刻みつけて
やがて気づく そいつの価値で
全てを変え発した 産声

一つ二つ三つ四つ 世界は徐々に広がっていく
五つ六つ七つ八つ 否が応でも出会っていく

孤独を覚え 大事なものが 何なのか試される時
辺りを眺め お揃いを探し 歩む足並みを揃えた

十年それひと昔 僕は僕のもの?
後悔などしないと言い聞かせた

ゼロに一を足したノイズを繋ぎ合わせ
泣いたり笑ったりを繰り返していく
迷いの中 疑いの中でなすがまま
だけど行かなきゃ もうこれ以上 悔いなどは残さない産声

あなたの前にも道がある 無となりそれを進めばよい
まだ休むなまだ休むな 魂が導いてくださっている
先の見えぬ不安に勝て 己を試せ喜んで
産声を上げ歩き出せ 全て燃え尽きるその日まで

十年それひと昔 みな誰かのもの
その苦悩を知りやがて花を愛でる

ゼロに一を足したノイズを繋ぎ合わせ
泣いたり笑ったりを繰り返していく
時を重ね僕らの毎日が役目を終え
己だけしか見えない場所で
放て 産声