HOME – 青柳翔

鮮やかに揺れる木漏れ日を
燦々と浴びて ふと思うよ
僕ら何時だって ふざけあって
かけがえのないものと感じていた

何処か遠くを目指して
だけど迷いがない訳じゃない
そんなときは いつでも
寄り添ってくれていた

そういつも笑って
繋いで心を
もう一人じゃないよ
此処に僕らがいる
もう一歩前へ 夢へ
踏み出して
そんな未来を信じていたい

何度でも感情をぶつけたり
“信頼”“友情”を築いてくのに
方程式なんて ありはしないよ
知らぬ間に足元に転がってる

言葉で伝えるのは
照れくさくなる僕がいて
そっけない態度するけど
ホントは感謝してんだ

どうしても君が
泣いてしまうなら
ねぇ思い出して
交わしたあの約束
何千回だっていいよ
笑ってよ
涙の跡が道になって

答えなんてあるかな?
なくてもかまいはしないさ
僕らはきっと信じ合えてる
輝いて

何処か遠くを目指した
あの頃とは違うけれど
僕らを繋ぐ絆
今も手繰り寄せてんだ

そういつも笑って
繋いで心を
もう一人じゃないよ
此処に僕らがいる
もう一歩前へ 夢へ
踏み出して
そんな未来を描いていたい

描いていたい