Song for – 雨宮天

星に紛れて“雨粒”落ちた
雲ひとつない夜空から
なんてことないよ 大丈夫だよ
いつもより大きな声だして笑ってた

見えない何かに押しつぶされないように
鏡の中に向かって声のないエール叫び続ける

(お願いもっともっと強くなって
誤魔化してないでちゃんと笑って見せてよ
そんなもんじゃないでしょ?
まだまだ食い縛って前を向いて
ねえちょっと待って ああ涙なんかしまってよ
私らしくないでしょ?
弱気になってる姿は見せられないんだから)

星に紛れて涙が見えた
強がる声の向こう側に
気付かれないように 気遣わせぬように 笑ってた
ほんとはギリギリなくせに

見えない何かに押し潰されないように
ぐっとこらえるあなたへ
声のないエール送り続けさせて

(お願いもっともっと自分を愛して
涙なんかそのままだっていいんだよ
無理しなくていいんだよ
傷つく前にちょっと立ち止まって
怖がってないで
かっこ悪くていいんだよ
あなたらしさ見せてよ
自然にこぼれた笑顔が
結局一番だから)

幸せとか優しさが見えなくなることを
「くじける」と呼ぶのでしょう
少しだけ息ついて
自分を許せた時に見える世界が君の住む場所

立ち止まって 振り返ってみて
ほら
ひとりぼっちじゃないでしょう?
ねえ届いているでしょう?
そしたらもっともっと力を抜いて一歩前へ
歩いていけばいいんだよ
歩いていけばいいんだよ

そのままだっていいんだよ
素直になっていいんだよ
振り向いたっていいんだよ
落ち込んだっていいんだよ
涙ながしていいんだよ
傷つかないでいいんだよ
かっこ悪くていいんだよ

そのままでいいんだよ