蒼天のシンフォニア – 雨宮天

so far away we sing for blue sky

鈍く響いた 鐘の旋律が
平穏に終わりを告げる
黒雲の空 引き裂く雷鳴
救い求める呼び声

嘆きの雨が頬を伝う
瞳に映る未来の為
さあ 生者よ立ち上がれ

世界を照らせシンフォニア 轟け天まで
幾千の声願い解き放て
世界へ響けシンフォニア 希望の歌乗せて
ah 大地を超えて無限の空へ

so far away we sing for blue sky

消えてしまった 光願う声
探した答えは何処(いずこ)
旋律すら忘れ去られ
歌声は 誰に届く

静寂の中研ぎ澄ませた
鋼の意思に色彩を
さあ 掲げよ自由の旗

世界を照らせシンフォニア 夜明けの時まで
絆紡ぐ翼舞い上がれ
世界へ響けシンフォニア 果てぬ夢乗せて
ah 生あるものよ空を染めよ
we are alive
連なる歌声 彼方へ

たとえこの先が(果てなき闇でも)
希望ある限り (幾度立ち上がれ)
繰り返す この長い旅路で
降り注ぐ試練 乗り越えてきた血潮
流れているだろう これからだって

世界を照らせシンフォニア 轟け天まで
幾千の声願い解き放て
世界へ響けシンフォニア 希望の歌乗せて
ah やがて見える暁
さあ 大地を超えて無限の空へ

so far away we sing for blue sky