揺籠の木 – 陰陽座

紅(くれない)ひとひら 風に揺られて落ちた
祝いの花か 死花花(しかばな)か

産着は帷子(かたびら) とうに野火手(のぼて)は落ちて
常世(とこよ)に生まれて 寂しかろ

梢(こずえ)に枝に 稚児(ややこ)は実る
渡る夜風に 揺られて睡(ねむ)る

母喰鳥(ははくいどり)が ひとつ唱(うた)えば夜更け
朝風吹くまで ねんねしな

此の枝を閨(ねや)に 青葉を包(くる)みに
母の腕(かいな)を 知らぬ儘(まま)

薄紅色の 頬に一滴(ひとしずく)
夜露は 魄(たま)を悼む涙

時告鳥(ときつげどり)が ひとつ唱(うた)えば夜明け
朝影(あさかげ)射すまで ねんねしな

まだ戸は開(あ)かぬ