一輪一滴 – 陰陽座

永永(ようよう)と 越後の 郷(さと)に
降り積もる 雪花(ゆきばな)
寒花(かんか)を 化粧(けわ)ふ 白粉(はうに)か

淙淙(そうそう)と 流れる 水は 血と汗
清(さや)かに 諳(さと)れる 謳(うた)は 澪標(みおつくし)

道なき 途(みち)を 頑(かたくな)に 往くは
かえらぬ 謂(いわれ)の 只 有る故(から)

恐れず 歩み 細(こま)やかに 備(そな)う
其れ丈(だけ)を 念(おも)いて
然う 成るを 目掛ける

直(ただ) 醸(か)みた 一滴(ひとたま)の 酒(ささ)に
其の 泪を 釈(ゆる)して 笑(え)むなら
零れ 咲き 巡り ゆく 季(すえ)に
今日を 重(かさ)ぬ 衆(しゅ)を 潤す
一輪の 花よ

恐れず 歩み 細(こま)やかに 備(そな)う
其れ丈(だけ)を 念(おも)いて
然う 成るは 遙に 遠かれど

醸(か)みた 一滴(ひとたま)の 酒(ささ)に
只(ただ) 一縷の 憩(いこ)いが 有るなら
今日も 廻(た)む 営みの 傍(はた)に
魂(こころ) 尽くす 衆(しゅ)に 微笑む
一輪の 花と 幾重にも 願う