I was born in a thunderstormI grew up overnightI played aloneI played on my
好きなだけ歌わせて言葉にすれば 足りなくて 足りなくて不器用で拙い 鮮やかなメロディに乗せて 貴方の声に包まれる度尽きない 尽きない 溢れる想い求め続けてたぬくもりは今ここにある ここにある逢いたい人に出逢えた胸が歌う 歌う 「幸せなの」と止まってた針が動き出すふたりで居れば 歩いてゆける 愛すれば 愛すだけ 傷つくこともあるのでしょうでもきっと 痛みさえ一緒に超えること“幸せ”と言うの 貴方を強く抱き
一緒に過ごしてきた今は思い出の中にひとりきりで君がこの部屋に浮かんでは消える会いたい 会えない 切なくて 愛を誓った夏の日握りしめる手温かくて強く私抱きしめた愛しくて壊れそうなほど離さないでと願った「ずっと一緒だ」って言ったのにどうして 君はどこ もう君はいないの?もう海に行けないの?ずっと一緒にいたかった二度と会えないの?電話もくれないの?永遠に 愛してる 二人が出会った場所君との思い出をずっと探して
大胆不敵にハイカラ革命磊々落々反戦国家日の丸印の二輪車転がし悪霊退散 ICBM 環状線を走り抜けて 東奔西走なんのその少年少女戦国無双 浮世の随に 千本桜 夜ニ紛レ 君ノ声モ届カナイヨ此処は宴 鋼の檻 その断頭台で見下ろして 三千世界 常世之闇 嘆ク唄モ聞コエナイヨ青藍の空 遥か彼方 その光線銃で打ち抜いて 百戦錬磨の見た目は将校いったりきたりの花魁道中アイツもコイツも皆で集まれ聖者の行進 わんっ つー 
勇気と愛が世界を救う 絶対いつか 出会えるはずなの沈む夕日に淋しく一人 こぶし握りしめる私週休二日 しかもフレックス 相手はどこにでも いるんだから今夜 飲み会 期待している 友達の友達に 目立つには どうしたらいいの一番の悩み 性格良ければいいそんなの嘘だと 思いませんか? Boy Meets Girl 幸せの予感 きっと誰かを感じてるFall In Love ロマンスの神様 この人でしょうか ノリと恥じらい
When I am down and, oh my soul, so weary;When troubles come and my
はりつめた弓の ふるえる弦よ 月の光にざわめく おまえの心 とぎすまされた刃の美しい そのきっさきによく似た そなたの横顔 悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは 森の精 もののけ達だけ もののけ達だけ
上野発の夜行列車 おりた時から青森駅は雪の中北へ帰る人の群れは 誰も無口で海鳴りだけをきいている私もひとり 連絡船に乗りこごえそうな鴎見つめ泣いていましたああ津軽海峡・冬景色 ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと見知らぬ人が指をさす息でくもる窓のガラスふいてみたけどはるかにかすみ 見えるだけさよならあなた 私は帰ります風の音が胸をゆする泣けとばかりにああ津軽海峡・冬景色 さよならあなた 私は帰ります風の音
恋をして 終わりを告げ誓うことは:これが最後のheartbreak桜さえ風の中で揺れてやがて花を咲かすよ 降り出した夏の雨が涙の横を通った すーっと思い出とダブる映像秋のドラマ再放送 どうして同じようなパンチ何度もくらっちゃうんだそれでもまた戦うんだろうそれが命の不思議 恋をして 全て捧げ願うことは:これが最後のheartbreak桜さえ時の中で揺れてやがて花を咲かすよ 繰り返す季節の中でくつが擦り減って
改札の前 つなぐ手と手いつものざわめき、新しい風明るく見送るはずだったのにうまく笑えずに君を見ていた 君が大人になってくその季節が悲しい歌で溢れないように最後に何か君に伝えたくて「さよなら」に代わる言葉を僕は探してた 君の手を引くその役目が僕の使命だなんて そう思ってただけど今わかったんだ 僕らならもう重ねた日々がほら、導いてくれる 君が大人になってくその時間が降り積もる間に僕も変わってくたとえばそこに
君が私を見てくれたなら 君が隣に居てくれたなら 夢のよう君のその手に触れられたなら 君の隣で笑えてたなら 夢のよう夢のよう Be my love Be my loveBe my love someday もしも君に私が見えてこの歌声が届くなら 伝えたいその瞳を見つけた日から 言葉交わしたあの日から 離れない離れない Be my love Be my loveYou’re the only
配られているカードは 誰にも変えられないから手玉も増やせないゲームならば 捌き方で勝負だそうだろ? 動き続ける的は 今目指すべき僕さ行き方を変え 道さえも変えて READY GO  READY GO 先へそれぞれの求めてる場所へREADY GO その手の先へひとつずつ重ねてく そして君だけの輝ける場所へREADY GO 光が射すその方へ 今 決められているゴールに はなから興味などないからさどこに向かうも分からな
手を抜けない毎日が 心地よくて苦しいいつも良い僕で ちゃんとしていなきゃと思ってた止めどないこの思いに もう嘘つけなくてこれまでのやり方ではもうダメだってことかな 旅に出なよ魂 君の腕の中はpharmacy傷ついた時は抱きしめて欲しい いつでも 誰にも譲れないもの 守る為変わっていこう例え道すがら 涙で目の前が見えなくなっても確かに踏み出す僕を 君だけは知っていてよ傷ついた時はその胸に強く抱きしめて欲
お前が求める私なんか全部壊してやるお前が求める私なんか全部壊してやるお前が求める私なんか全部壊してやるお前が求める私なんか 全部全部全部全部全部全部全部全部全部壊してやるよ 見ないようにしてた ×とされてた享楽を切り裂いてあげる お人形じゃ居られないの やめる気ないよ やめる気ないよ 傷付けばいいじゃんもっともっと苦しくなって泣いちゃえばいいじゃんお前が望む通りなんかやってやるかってのお前が求める私は
キスしてくれるだけでいい その手を這わせてキレイになんてしなくていい でも優しくしてひと目見た日から知ってた 触れてくれることきっかけはもう何だっていい 早く溶けたい どうにもなっちゃいけない貴方とどうにかなりたい夜はどうにもなっちゃいけないと知りながら どこまでなら?どうにもなっちゃいけない貴方とどうにかなりたい夜はどうにもなっちゃいけないと知りながら どこまでならいい? 好きだよ好きなのとても 秘密
好きを隠れ蓑に押し付けの攻防変わること許さぬ それはエゴの無理強いね君色に染まる人が欲しいだけそれ愛してない 愛してない 愛してないよ I am falling to the dark side蝕むこのmidnightI am falling to the dark sidedark side 愛故と水を差す邪魔な傍観者繰り出すその全て履き違え甚だしい自分の言葉で支配したいだけそれ愛してない 愛してない 愛してないよ I
キスしたまま喋って 朝まで抱いて100の女(ひと)の最後に私と死んで息をする暇があるなら好きだと言って歳上の貴方のことをちゃんと看取るね 街並みはもう色を変えたよ来年も来月も来世もよろしくね 八つ当たりで怒鳴っても笑ってる人肌の荒れた私も好きだと言う人求め続けた愛はここにある可愛くて逞しい そう貴方の中に 傷つける恋はそろそろ飽きた笑ってくれる間に大人にならなきゃね街並みはもう色を変えたよ来年も来月も来
完璧な関係で 明白な感情で滑稽な体勢で 君を抱く 君を抱く警告は聞こえない 愛称はもう言わないこれはもう戻れない これはもう戻れない まだ まだ 終わらせないでまだ まだ まだいけます今描く 放物線をまだ まだ まだいけますまだ まだ まだいけます 耳の奥突き刺して 甘い声で駆り立てて見下ろした君の顔 その顔がやめられない完璧な関係で 完璧な快感でこれはもう戻れない これはもう戻れない ほら ほら ほら
私の売りは孤独 愛されたがりのロンリーガール触るもの皆壊しては また次の旅に出る素直になれたとこで あんたが留まるワケもなく会ってる間がすべて その先はまた次 私のものになれないのなら あんたの安い愛など要らない 叶わない恋ならば 構わない壊して張りつめるこのテンション 弾いて殺して 私の売りは孤独 満たされたがりのGreedyガール近づくもの皆剥ぎ取って 吐くように捨ててきた喚いてみせたとこで その気
自由な貴方が好きだけど たまにはここにも帰ってきて欲しい明け方5時 玄関のドアを見る癖はもう抜けなくなった 貴方は私の子供じゃないんだから なんなら歳上なんだからこんな事じゃ困るのだけどはぐらかす笑顔が可愛くて 愛しいから弱っちゃってまた抱き寄せてしまうの あぁ 今夜は眠るまで側にいて欲しいの気づけば貴方がいない朝など もう来なくて良いんだよあぁ 恋はいつだって私を弱くして無駄に強くこの場に立たせるの
傷つけたいわけじゃない終わらせたくもないけどこれだけは知っていて欲しいの 愛しい人 どれほどに愛してもきっと貴方は 何も捨てないこの愛は救われないすべて分かってたのに 私を愛でたらすぐに在るべき場所へ帰ってその後の顔は見せたくないの 大好きだから この心壊れてもきっと貴方は 何も出来ないこの愛は救われないすべて分かってたのに 愛しても愛しても貴方の帰る場所は私じゃないこんなにも苦しいなら会いたくなかった ど
「良い自分」で居たいと思うほど 苦しいこうあるべきだと ずっと信じてきた大人になる度 間違えられなくて甘えることなど もう忘れてた 綺麗な丸をもらえても それ本当に欲しいのか?私が目指してきたものは 果たして正しかったのか?違うかも 完璧な自分を諦める勇気をダメな自分も愛せる生き方をそれなりの昨日が連れてくる明日はきっと これまでのどの私とも違う顔道はすでに開いてる時は来た さぁ今踏み出さねば分からな
まだ自分を責めるの? 何も出来なかったと独り 痛み 涙して 塞ぎ 閉ざした世界でただひとつの希望も見ずに佇むあなた 何が正しいのか 誰にも分からないそれでも前に進む 生きてる限り 終わらない想いの先で 辿り着く“答”が意味の無いまがい物だって あなたが嘆き叫んでも「愛されたい」と泣いていた あなたを守ると僕は決めているからそう あなたと見つける その“答”を 何故走り続けるのか あなたは聞くけど立ち止ま
自分で選んだ道があるから 間違えてもいいんだよ 正しくなくても今はそれが必要だっただけ風変わりと笑われても 何か言われても変わりたいと思えた僕を 僕は好きで居たい 駆け抜けた夏全部壊して 進みたいだけ 自分で選んだ道があるから笑ってられる 歩いて行けるんだ自分で決めるのが人生だから誰でもない君の心を信じてこれは君の唄 変わりゆく 輝くキミノウタ 遠回りもいいんじゃない? 結果が出ない日も自分らしくあれる方
飛べない鳥のように 全てを奪われて選べない明日を また待つのか?飛べない鳥みたい? 命を燃やせない?選ばない明日を選ぶのは誰だ? Fly Flyaway 涙で前が見えない 本当は飛べるのに 全て奪われたって顔でそんな風に見てても連れてかねぇよ飛べない鳥はいつも願ってた飛びたい 飛べないって 泣いてたのに Flyaway 涙がとめどなく溢れても本当は今すぐ飛べるはずFlyaway 今すぐに 何の為に生まれた何
いくつだと思う?俺 中指と薬指でヤニ挟んで電柱と壁の間を抜け 誰でもない自分だけの道を行く 誰よりも早く 風を切って人混みを行くあの上履きは私が洗ったのよ オーイェイ 握手しようぜ 人と違うことで自分を守って 前を向いて行ける今日も言えなかった「ありがとう」を胸に気高きクソメン・クソガールよ 強く生きろ 母だけに強い 俺力みすぎたハイタッチに寂しくなって連れ ダチ 相方 マブダチ、 俺。たったそれくらい
私は早口を直したい私は早口を直したい私は早口を直したいずっと ずっと ずっと 直したい カメラで撮られ始めて気付いた私は意外と早口たまに何言ってるか分からないすごくテンパってる人みたい 私は早口を直したいずっと 1回仕事した人の名前が覚えられないうる覚えの「~~さん」に自信持てない好きな人からの LINE 開けない即レス・既読を渋りたい あと愛想笑いの「いいですよ」がやめられない昨日買ったヘアゴムがもう見当
いつもありがとう今日もありがとうずっとありがとう 助けてくれた 何度も勇気をくれた 大切なあなたとの出会い10年前の伝えたいことが 巡り合わせてくれたんだね何度も自信なくした 元気の源探し続け山間の虹 言えへん思い 遥か遠くまで叫ぼうとした 赤いギターは繋ぐ ひとりじゃないと長い人生 これからも宜しくね いつもありがとう今日もありがとう本当ありがとう 永遠にあなたと 私は歌い続ける 幾千の愛を明日に向け思
一体何になりたいの? 負けたくないのは何故なの?どうしてこんなに 今が苦しいの一体何に勝ちたいの? このまんまじゃダメなの?命こそが 輝いてるのに 誰かに勝ちたいと 思ううちはどこにも行けないね 変わりたい もっと自分を生きたい誰かの私ではもう居られない だから行くよ ずっと前にも、一度 同じことを思っていたよここに居ては いけない気がしてたそれから月日は流れ 大事なこと忘れてたどうして 私は ここに居
私はあなたに気づいてて あなたの気持ちに気づいてて簡単すぎて 知らんぷりしたそして私はトキメイて あなたの気持ちに気づいてて他の人 選んだ でもね何かが違うの 何かが違うの何故かあなたの相づちが恋しいの そして私はずるいことに あなたの気持ちに気づいてて寂しくて 電話したあなたはいつも通りで 私の気持ちに気づいてて笑ってくれてた そして気づいたの 私気づいたのもう何にもかも手遅れであること そうさ 何かを