帰りたい場所 – 関周

あれはどこだったんだろう
森の中にぽっかり空き地
心地よい風が葉音を奏でる

このところ私の中に現れる
いつもと同じあの場所は
遠い記憶でも確かにそこにいたんだよ
私は立っていたんだよ

風のにおいに誘われて
時空を超えて飛び立とう
父と母を追いかけて
帰りたい場所がそこにある

あれはどこだったんだろう
人気のない小さな入り江
心地よい風にさざ波きらめく

悲しくてとてもきれいで切なくて
セピア色した絵のような
遠い記憶でも確かに笑い声がする
私の名前呼んでいる

風の香りよ愛しくて
思い出すたび泣けてくる
父と母を追いかけて
帰りたい場所がそこにある

風の香りよ愛しくて
思い出すたび泣けてくる
父と母を追いかけて
帰りたい場所がそこにある

帰りたい場所はきっとある