はじまりの時 – 関取花

雲が流れてく 思ったより早く
またひとつ季節が変わる 僕だけを残して

遥か彼方から君の声がして
立ち止まっては振り返る一人きり

だけどもう行かなくちゃ 涙ならもう枯れた
乾いた胸にまた 花を咲かせたいんだ

歩き出せばどこかで また巡り合えるから
過ぎた日のカケラはポケットにしまって
羅針盤じゃなくて 風に身を預けて
新しい未来を 探しに出かけよう

波の音がする方へ耳を澄ます
真夜中じゃない海の色を見に行きたい

眩し過ぎる太陽が 今を照らし出した
閉ざした胸にほら 光が注ぎ込んだ

重いまぶたの裏に 張り付いていた景色が
ゆっくり動き出した 新しい色乗せて
地平線を越えて もっと遠くまで
輝ける未来を 探しに出かけよう

歩き出せばどこかで また巡り合えるから
過ぎた日のカケラは ポケットにしまって
羅針盤じゃなくて 風に身を預けて
新しい未来を 探しに出かけよう