君のそばに… – 長渕剛

しあわせが何であるのかさえ
分からなくなってしまいました
僕が何であるのかさえ
君の中で壊れてしまってるよね

ずうっと一緒にいようと約束したのに
君の孤独を埋められず
一生懸命 大切な想い出だけを
僕は伝えようとした

好きで 好きで 好きで
どうしようも ないほど
そばに そばに そばに
君のそばに ずうっといたい

まだ間に合うかもしれないさ
今すぐ君の手をひいて
本当の自分を取り戻さなければ
後悔なんてしたくないから

ほら 君の心に笑顔が
少しでも残っているんなら
も一度 僕の胸に飛び込んでおいで
もう二度と離さないから

好きで 好きで 好きで
どうしようも ないほど
そばに そばに そばに
君のそばに ずうっと いたい

好きで 好きで 好きで
どうしようも ないほど
そばに そばに そばに
君のそばに ずうっと いたい