花散る道を – 長山洋子

花散る道を 行くひとの
門出を祝う 春の日よ
いつまでも いつまでも
曇ることなき その瞳(ひとみ)
あなたの明日(あす)に 幸あらん

遠きあの日の 幼子も
今では母の 顔になる
泣かないで 泣かないで
哀しいことは あるけれど
嬉しいことは もっとある

いつか別れが あればこそ
今日という日が 愛(いと)おしい
さよならは さよならは
未来へ続く 合言葉
遥かな夢を 追いかけて