シャボン – 長山洋子

シャボン シャボン シャボン
いつもの所で
セゾン セゾン セゾン もう一度

シャボン シャボン シャボン
今の私には
セゾン セゾン セゾン
たそがれて

鳥がひとりで 鳴いている
まるで 海辺が恋しそうに
夏によろめく 女には
やがて グレイの思い出

とめどなく 流す涙で
江ノ島も 揺れる
口びるで 酔わされて
彼の行方は カモメのアン・ドゥ・トロワ

シャボン シャボン シャボン
あの頃の メロディー
セゾン セゾン セゾン
口づさみ

波の彼方に 誰かいる
そして季節が よみがえる
彼がのこした 物語
濡れた ブルーのパラソル

待ちわびる人も ないのに
砂浜で 揺れる
夕立に あそばれて
抱かれたくなる 気持ちはアン・ドゥ・トロワ

シャボン シャボン シャボン
いつもの所で
セゾン セゾン セゾン もう一度

コメントを残す