おけさ恋唄 – 長山洋子

あしたの天気と 人生は
夜が明けなきゃ わからない
ハアー 生きるこの世はヨー 切り紙細工
夢が 夢が欲しいね 路地裏灯り
昭和恋しや おけさ節

この指丸(まる)めて 覗(のぞ)いたら
みんな倖せ さがしてる
ハアー 口は建前ヨー 本音はつらい
ひとり ひとりぽっちが 肩寄せ唄う
美空ひばりの 佐渡情話

雪解け水辺に 咲く福寿草(はな)も
冬に埋れて 耐えてきた
ハアー 泣いてこのままヨー 終りはしない
逢いに 逢いに行(ゆ)きたい 祭りの頃に
おけさ唄って しのぶ故郷(まち)

アリャサ アリャサ
アリャアリャ アリャサ