風の街 — 錦野旦

なんとなくお前と出逢って
なんとなくお前にひかれた
なんとなくお前を誘って
なんとなくお前と踊った
酒とピアノと煙草の煙り
その夜はひどく酔っていた

なんとなくお前を愛して
なんとなくお前と夢見た
なんとなくお前と暮して
なんとなくお前に疲れた
窓とベットとこわれた鏡
部屋はいつでも暗かった

なんとなくお前と別れて
なんとなく時が流れた
なんとなくお前を思って
なんとなく昨日を笑った
変わる季節と過ぎ行く日々と
風はそれでも唄ってた