This thing called loveWell, I just can’t handle itThis thing called loveI can’t get
Go! Go! 5時のベル Ding Dong 鳴れば待ちに待った 週末だよ party tonightGo! Go! あの娘誘い アメ車でくり出せポニーテール, ウィンクしてる party tonight Oh! Let’s go party!おいでbaby, ハリーアップ星屑街に 降る頃お前とFallin’ love 胸騒ぎが Wack! Wack!おNewのスーツが Wack! Wack!シビ
DADDY! DADDY! DO!欲しいのさ あなたのすべてが愛に抱かれ ギラギラ燃えてしまいたい 可愛げなKISSで1・2・3目線そらしてズルイよね火照り出すボクの気持ち もてあそぶみたいで 追いかけちゃ ダメなのは わかってる でも無理さ一度踏み出せば 戻れなくて 仮面は脱ぎ捨てていけない言葉で 遊びが本気(マジ)になる DADDY! DADDY! DO!欲しいのさ あなたのすべてが騙されたら それでもいい
懐かしくなってもう一度解(ほど)けた日々を なぞり返した夜の淵最後に交わした優しい二人の嘘は罪と呼ぶべきでしょうか さよなら また会う日まで手を振るこの場所を頼りに必ず巡り会おう 人は誰もがきっと旅人長い道の途中で 出会ったり別れたり繰り返しながらだけど街は君を待ってる 君の帰りを待ってるたとえ世界がそっぽ向いても もう二度と会えないような顔した君を両手で抱き寄せたあの日何も言わずに黙って見送ったそれを
(どんすた どんすた セニョール どんすた どんすた) どんすた 赤く燃えたらア・イ はもう止まらないどんすた 求めるダンスはいつものステップ 終わらない (踊れ シ セニョール)汗のダイヤが(からむ視線の)君にきらめいた(先は シ セニョール)白いシーツに 眠り込むまでさあ続けよう 時のしじま 過去の虹が空にかかるよ どこにも戻れぬ日々風が肌を なぶるように離れられずに たどる記憶を 踊ろう あの日のま
デリケートな嘘を 男がつくたびに女はため息で 心を曇らせる言い訳なんてNo No No No No 聞かないわ 出逢いはいつだって 運命と信じたでも恋の魔法は あっさり解けてしまうすれ違う心 男と女 あなただけと 信じていた恋の予感にふるえた初めてのキス 哀しすぎて 愛がせつなくて涙も乾いた 心が痛いJust a Lonely Night 恋の終わり 出逢いは偶然に 別れは突然に恋はシャボン玉 あっさり消えてゆく繰り返す
Good dayGood feelingGood time Good day 1日が始まるGood day 僕たちのご褒美今日は Wonderful day晴れた日に素敵に行きまShow!Wonderful day最初から素敵に始めまShow!歌いまShow!
通りの向こうで あの人が手を振る駆けよる二人は くちづけ交わすはず僕は抱きしめる この手で 君を 雨上がりの街はキラキラ眩しげアンブレラ回すよ アステアみたいに水たまりに映る逆さまの高層ビル飛び越えてみようjump over 赤信号じれったいね はやく青になれスクランブルは危うい 見失いそうさ君に似た人ならたくさんいるけど君は輝いているよ いつも一人だけのそうさ、特別な人 通りの向こうで あの人が手を振る
古い鍵をはずした指先懐かしいあの部屋の灯り 幸せには選べないドアがあること気付かなかった 二人 守るはずのもの変わってしまっただけそこになにもないのにもう抱きしめられない 愛のせいで時は流れない 誰も 心の中に そうさ戻ることのできない場所がある覚めない夢を見ているように 窓の向こうくすんだ街並みどこにも僕たちはいない やり直せる言葉探してた涙もじきに渇くだろう 傷を残すとわかれば違っていたと言うの そこになに
離れていてもいつも君はぼくの心の中励まし合うように肩を寄せ明日を見つめてる これから ずっとふたりで歩こうこの道を どこまでも いつの日か ぼくらはきっとあの街の輝く場所へ ゆけるさもう一度 ぼくについておいで 隣にいても寂しい日はただ静かに眠ろう孤独のひだまり散歩して戻っておいでよ あれから 重ねた時を信じて抱きしめる そのすべて 限りある 夜明けの歌を今日も口ずさみながら 歩こうもう一度 ぼくについてお
BAZOOKA!BAZOOKA!! デコったビーサンで見極めてくシャンデリアフェイクとリアル 蠢くこの街君は鑑定団?今更焦ってジタバタしたって無理とめどないヨロメキ これマジ?ぶっ倒れそう BAZOOKA! Ah! ビシバシキテルBAZOOKA! Yeah! ビシバシキテル この上ない美貌男手玉にとる強靭パーソナリティ大の大人が、そう振り回されてるそれが心地よい BAZOOKA! Ah! ビシバシキテルBAZO
風のうわさに聞いたんだ街のうわさで聞いたんだ誰かがぼくを好きだって誰か、ってそれはあの娘さ 風のうわさに聞いたんだ街のうわさで聞いたんだあの娘がぼくを好きだって誰よりぼくを好きだって たまらないほど嬉しくなって音楽がほら溢れ出す踊り出したい Sugar pie, (honey bunch)脚がひとりでに動き出す靴がひとりでに歩き出す さあ、みんな ついておいでよぼくはブラス・バンド ぼくはパレードさあ、きょうは
ひとめぼれの恋でも続く人生(いのち)かけて 証明してあげるから ただ目が合うだけで 胸がキュンとしたよlong longago触れるだけで溶けちゃいそうな 素肌 瞳 唇 不器用なふたりに吹きつける風は激しくて 近ごろ それでも (Dance with me) まぶた(Bump with me)閉じて(Funk with me) 踊るboogie woogie(Dance with me) 君と(Sway with me)いれば
星の瞬く音 聴こえたらもう物語の中さやるせない日々を 脱ぎ捨てて風を纏え 幻の夜を探し パレードは続く女達 広げてくれ 翼を Everybody 一緒に振ろうぜ愛のFunky Flagきっと奇跡は起こるさ目指せ 笑顔の先掴めLucky Chance君こそ愛の女神さTonight! 隠さなくてもいい 誰だって孤独だから寄り添える涙で育てる 薔薇の名を“夢”と呼ぼう 哀しみを知らないまま 人は愛せない男達 覚悟し
OH LOVE MEMISTER OH MISTER夢じゃないなら聴かせてねえ MISTER もうMISTER焦らされるほど切ない 想いだけが暴れだすその視線に負けそうになるふたりだけの 危ないGAME Love is WarLove is WarLove is War 踊らせて ドラマティックはこれからいじわるな恋の予感 しびれる 触れた指の先が運命を待ちわびているあなたに言わせたい心の壁をやぶる愛の告白 OH LOVE
心の穴を埋めたいから 優しいフリして笑った出会いと別れがせわしく 僕の肩を駆けていくよ ダメな自分が悔しいほど わかってしまうから損だ強くはなりきれないから ただ目をつぶって耐えてた ほら 見えてくるよ 帰りたくなったよ 君が待つ街へ大きく手を振ってくれたら 何度でも振り返すから帰りたくなったよ 君が待つ家に聞いて欲しい話があるよ 笑ってくれたら嬉しいな たいせつなことは数えるほど あるわけじゃないんだ 
Love My BabyWas Nothing More Than DreamsAnd Maybe’sUntil I Met YouThen Everything I DreamedCame
暮れ始める 都会の色はいつも孤独すぎて 君のぬくもりへと急がせるはやる心を抑えて回転ドアを くぐり抜ければ ほら密かに待ってる 吐息が聞こえて来そうさ LADY, 叶わぬ恋と知っててGUILTY, 逢わずにはいられない狂おしく 抱いておくれ 言葉もなく 見つめる眼差しに永くはない この愛の行方を探り合う朝を待たずに出て行く君をほんとは 少し恨んでるよ急いでお帰り 誰にも知られないうちに LADY, 小さな約束
冷たいシャワーの中でいま 二人とうとう 共犯になる心配するほど子供じゃない “コワクナンテナイ” 君はささやく (Baby Don’t Cry)健気な涙(Lady So Tight)いたいけなくらい(Maybe All Night)好きになるほど 悲しくさせるのに 奪いたくて逢いたくてどうしようもなくて君を連れて夜の果てまで隠せなくてせつなくてただそれだけなのにそして二人行くあてさえもない逃亡者 週末の
夢で見た彼女と会って FEEL ALRIGHT 誰かのちょっと待ってなんて知らないLIFE IS A SHOWTIME すぐに分かるのさ君と僕とは 恋におちなくちゃ夜が深く長い時を越え OH BABY LOVELY LOVELY WAY 息を切らす それで LIFE IS COMIN’
地下鉄のコンコース あふれる靴音顔のない波が 僕をのみこんでる 改札から2本目 柱の影でよく君を待った 今は会うこともないどうして 似ている背中 今も目にとまる 時おり僕は 気づいてしまうよくり返す毎日でからまわりだけ 時おり僕は 痛みにまけている消えそうな足もとにためいきだけ落して 見上げるビルの群れ 隙間の空にきれぎれの夕焼け 遠くなぐさめてるすこしずつ 景色は変わり ひとり残される 時おり僕は 嘘つき
雨上がりの街は 新しい季節の前ぶれah 誰も待ち合わせ急ぐ約束までもてあます時間も 今は素敵さah どこにいても時間は経つ君の事で退屈しないのさ そうさ 愛してるよと 言えないほど自然にときめくままに 深まる二人 通り過ぎるあの日のposter 今は色あせてah 何故か 過ぎた日が浮かぶ君がそっとかくす微笑みに悲しみが見えるah オレは何も出来なくて別れなんて いつでもできたのに そうさ 流れに任せ 答
変る心なんて 思いもしないでその言葉のままを いつも信じてた 君は黙って 時計を見てるそれでも 僕は 平気なふりをして この道 寄りそって いつも二人君と出会って 別れてゆく街きっと会わないね もう会えないね 帰る車はひとり 街は夕ぐれ君を失くしたくない 君を追いかけたい 今から戻って もういちど会えたらたとえ これ以上 切なくなるとしても 君のことしか 考えられない流れる街の灯 心はちぎれてきっと会わない
もう涙はいらない 僕が側にいるからこんなに愛しているよそれですべてをなくすとしても構わないよ 君を守りたい 助手席のシート外を見つめて いつからか僕を遠ざける何がホントの幸せなのか もうふたりで決めよう 迷わないで 知らず知らず誰かをいつも傷つけてるとそんなに俯かないでそれですべてをなくすとしてもこの腕だけ きっとほどかない ここでいいからと小さな背中 真昼の雑踏溶けてゆく生きてゆくこと平凡じゃない 力
流星の様な 街灯瞳に写して 流れてる 哀愁列車 二人乗せて 夜をかける 左の頬に 泣きぼくろめまいのしそうな KISSをする 二人現実 残したまま 旅に出るね このまま二人どこへ行くのぎゅっと手をにぎったこの想いをかばんにつめ二人 MIDNIGHT TRAVELER 背中にもたれて 夢をみた寝汗が首すじ 光ってる 堕ちるとこまで 堕ちてみようか
「ずっと、そばにいる」と見つめながらつないだ手が ほら昨日よりも もっと近づいた二人の街を結ぶ 冷えこみだした夜に思い出す安らぎをさがすキミの仕草を愛するほどに怖さ 育てていたどうしようもない矛盾と知っても 少しずつ時間が微笑み始めた会いにゆくよ 「ずっと、そばにいる」と呟いたキミの街にゆくよナミダ雲が そっと遠のいて風景が変わった驚いているキミの顔に触れている手が ほら昨日よりも ずっとふえてゆく二人の刻を結ぶ 似
つかのまふたりがあの頃に戻れるそんな気がした車のライトが沈む遠い波間を見てたら あなたは弱気な人だからひとりになれば泣くだろう忘れていいから おれをおれが忘れるより先 oh 埠頭の湿った潮風が雨へと変わるよ Rain Rain Rain RainRain Rain Rain Rainただ迷わず奪う方がRain Rain Rain RainRain Rainしあわせだと思うかい? 軽めの言葉もこころからあなたを大事にしてた16み
涙にも翳りの見えない輝きをその胸に あざやかな仮初めの光に捉われずいる限り One day you will findThe spirit of love willAlways guide youいとしさから今はじめよう 哀しみと歓びの波間に流されない夢を抱く 剣しさも頬笑みの欠片にいつの日か続いていく The spirit of loveWill
港 見下ろす この部屋も……二つのスーツケース ドアの外にイヤリングに手をやる しぐさ微笑みながら 涙うかべ わずかな日々を 二人過ごした夢罪を重ねる心 もうこれ以上 このまま 君と 旅に出ようこのまま 二人で 消えてしまおう今 プライベート ホテル 凪ぎる海に
あての無いデンワを 待ち続けてる 夜は流れて君の声と あの夏を 確かめたくて 夏に抱かれた君が たゞそこにいるだけで 心奪われてそのまゝ すべてが あの日から 止まったまゝ いったい 何が どうしたんだろうこんな 風に 胸が 痛いなんてためらう心 今は もどかしくて 夏も終わりの海は 思い出残すだけ 君を愛してるそれが まるで はじめての 恋みたいに 分ってることは この気持がたゞの 気粉れではなくこのま