DAYLIGHT – 鈴木愛理

くだらないジョークで 通じ合えてた
呆れるほどいつも そばにいた日々
ガサついたイラダチも 切り分けてくれた
キミはいない

いつの日からだろう 街へ出る時
マスクで顔を隠すようになったのは
喧騒を逃れても 誤魔化せないね
自分だけは

皆んなでいた あの日々に
何を置いてきたのか?

逢いたくて遠すぎて 今夜はまたきっと泣いてる
強くなっていきたい
闇の彼方で滲む 微かな星の煌めき
それだけを見つめて
いつの日か 叶えたい夢 I Believe
I’ll go my way

覚束(おぼつか)ない足で 歩み始めた
自分でこじ開けた 幕開けだから
もう二度と 振り向かない
前を見据えて 生きてかなきゃ

これから降る 未来図に
何を描けるんだろう?

輪郭がぼやけても あの日をずっと忘れない
それぞれの地平へ
新しい毎日に 胸の奥すり減っても
自分を貫いて
照らし出す 揺るぎない夢 Daylight
‘Cause it’s my life

逢いたくて遠すぎて 今夜はまたきっと泣いてる
強くなっていきたい
闇の彼方で滲む 微かな星の煌めき
それだけを見つめて
新しい毎日に 胸の奥すり減っても
自分を貫いて
いつの日か 叶えたい夢 Daylight
I’ll go my way