うらはらの恋 – 金村ひろし

うそが流れる ネオンの街は
消したタバコの 煙がしみる
別れるもりじゃ 無かったが
根無しの俺と 暮らすより
きっとお前に お似合いの
やさしい奴が いるはずさ
つよがる俺の うらはらの恋

俺が心底 惚れてたお前
俺はいつかは お前の荷物
淋しくわらった カウンター
指輪をそっと 手渡せば
愛がちょっぴり 欲しいのと
かくれた背中(せな)で 涙ぐむ
しあわせ願う うらはらの恋

じっと見つめて ひとすじ流す
流す涙が 心に刺さる
「呑みすぎないで」と 背をむけた
振り向きゃ俺が 負けそうで
グラス氷を 指でまぜ
片手をすこし あげた俺
心を乱す うらはらの恋

片手をすこし あげた俺
心を乱す うらはらの恋