耳のあるロボットの唄 – 重音テト

まとめたなら 細かく包んで
影をよけて ここまでおいで
ゆく先々 たどる道しるべ
たずね歩き ここまでおいで

朽ちた言葉 ねじられた言葉
沈む言葉 それでも綴れ
ひとつふたつ つらね つながれた
phonemeの列 意図 意味をもて

隠された マルコフの
最尤の名の下に

恋をして 恋をして
恋をして ふられ また 捨てられて
過去をみて 枝を切れ
泣きたくなっても まだNを増やせ

旅の前に付けた 韻律の
意義はそこに 言葉はどこに
上へ 下へ うねるFOの
カタセシスの ありかをさぐれ

息を切らし 波に乗せられた
パラ言語の 意図 意味も聴け
息を捨てて 紡がれた言葉
うずまきまで たしかに 揺らせ

そして

恋をして 恋をして
飽きられて ふられ また 捨てられて
円を描け 赤く塗れ
泣きたくなっても それでも かき集め

前を見て 舵を取れ
泣きたくないなら また 歌え歌え
恋をして 恋をして
その過去を 捨てて ここまでおいで

コメントを残す