花のように鳥のように – 郷ひろみ

髪の毛小指で ああたわむれ
ほほえむしぐさが ああすてきサ
なぜかそっと思い出して
さみしい朝には
そばにいてほしいよ
その時 ゆるして
ふるえる肩先 ああ いとしい
みつめる目と目が ああ まぶしい
花のように 鳥のように
やさしく愛しあおう

型式や夢では ああないのサ
心がもとめて ああいたのサ
今になってそれに気づき
くちびるかんでいるよ
どうして二人はサヨナラを告げたの
意味などないのに
しあわせつかんで ああ いいよね
くるしいことなど ああ 忘れて
花のように 鳥のように
やさしく愛しあおう
やさしく愛しあおう