星海を往く希望の歌 — 遠藤正明

静寂に落ちた砂 時間の足音が
聞こえるまで抱きしめる 嘆きを手にして

心が弾けそうな
激しい想いを秘めて
守りたいものが遠離る

cry on the earth 永遠は
人が背負える重さを超えていると
何故気付かずに追う希望
語れない明日が胸を濡らす

優しく呼ばれたと 風の音に惑う
例え幻でもいい 呼んで欲しかった

孤独な星が光る
誰にも届かぬような
誓いを映した闇の道

情熱に身を焼いて
滅びゆく場所に命が甦る
ただ燃やせ飽くなき鼓動
再びの明日を招く為に

信じても信じても届かぬ祈りでも
戻れない戻れない全てが動き出す
面影は時の彼方
繰り返し輝くだろう

cry on the earth 永遠は
人が背負える重さを超えていると
何故気付かずに追う希望
語れない明日が胸を焼いた

信じても信じても届かぬ祈りでも
戻れない戻れない全てが動き出す
面影は時の彼方
繰り返し輝くだろう