Fantasyが始まる(Michishige Ver.) – 道重さゆみ

自由で何が悪いと言うの
好きなようにしていいじゃない

すべてあなたの思い通りに
なるなんて思わないでよ

一番目立った格好で歩く
一番ビビッドな道を

時に抱きしめて欲しい夜に
連絡つかないくせに

どうしてそんな重い鎖を
私に巻きつけるの

束縛止めてよ
羽が傷つく

体が勝手に動き始めるの
SEXYでごめんね
ガラスの靴はこの手の中にある
ファンタジーが始まる
Fantasyが始まる

子供の頃大切にしてた
あの感覚を忘れない

心ちぎれて儚く散った
甘い初恋も忘れない

何をそんなに期待してたの
これで十分でしょう

眠くなっただけ
あくびをひとつ

体が勝手に求め始めるの
Crazyでごめんね
かぼちゃの馬車を正面に回して!
ファンタジーが始まる
Fantasyが始まる

体が勝手に動き始めるの
SEXYでごめんね
ガラスの靴はこの手の中にある
ファンタジーが始まる

体が勝手に求め始めるの
Crazyでごめんね
かぼちゃの馬車を正面に回して!
ファンタジーが始まる
Fantasyが始まる