Tiered – 逢田梨香子

真っ白なシフォンなびかせて
歩く君の背を目で追ってた
小さく頼りない手を引いて
秘密の場所まで連れてってくれた

この距離は永遠だけど
きっと誰よりも一番に
君のこと飾ってみせるよ

ティアードに潜ませてる
微かな想い
見つからなくてもいい
あの日のまま
記憶の中 鮮やかに綴じておけるなら

君が零してた感情が
今も点々と残っている
この時間だけは独り占め
思い出になるまで
ずっと独り占め

言葉には出さないけれど
ひと針つなぐたび願う
ああ どうか忘れないでって

トレーンに引き摺られる 名残の恋
君を縫い留めてしまわない様に
道を覆い尽くせばいい
あの日の夢ごと

まるでタイムトリップ
いつかのまま
白い裾が光に透けた
もういっそ伝えてしまおうか
幼い憧れ
止め処ない焦がれを

あどけないその笑顔が
消えない様に祈っているから
あとほんの少し 時を止めて

ティアードに潜ませてる
君への想い
見つからなくてもいい
あの日のまま
記憶の中 鮮やかに綴じておけるなら