One Room – 逗子三兄弟

オンショアが砂を窓に打ちつけ
西陽もやけに眩しく差す One Room
眠るだけだった部屋もいつの間にか
今では帰りたい場所なんだ

ほろ苦い過去や 見えない未来に 不安ですれ違う日もあるけど

何一つ我が儘も言わずに
二人で一つのモノばかり One Room
“アナタの夢は今じゃ私の夢”だと 二人で一つのモノになった

こんなに誰かの言葉が 存在が 支えになるって知らなかった

きっと明日も もがいて もだえて 答えを求めながら
夢に向かい歩くけれど
確信などないが“You’re my girl”オマエがそばにいるなら
きっと叶えてみせるよ

明け方過ぎた頃に鍵をかけて
夜更けまでは誰も帰らない One Room
だけど 一日一度は必ず この部屋で愛を確かめ合うんだ

どんな時だって傍にある優しさを 決して見失ったりしない様に

だから例えば 願い続けて 夢だった世界に立っても
横にオマエがいないのなら
どんなに夢や金がある憧れの世界でも そこに未練なんてない

いつもどおりの二人で合わせた休日
なんでもない会話とオマエがつくるウマいメシ
味気ないこの部屋が幸せで満ちていく

明日も もがいて もだえて 答えを求めながら 夢に向かい歩くけれど
確信などないが“You’re my girl”オマエがそばにいるなら
きっと叶えてみせるよ

オンショアが砂を窓に打ちつけ
西陽もやけに眩しく差す

コメントを残す