Daylight – 逗子三兄弟

キンモクセイが香りはじめて ベイブリッジも朝焼けに染まっていく
今はもうこれ以上 野暮なことは聞かない
ズルい男だと思われても そばにいるよ

悲しみに暮れたキミの支えになれるなら
誰かの埋め合わせでも 今はかまわない
いつの日か その涙が渇ききった時に
その瞳で僕をまっすぐに見つめてくれれば それでいい

キミが僕にくれた夜の その気持ちも嘘じゃないってわかってるから
まだ少し もう少し 時間がいるのなら
いつまでも いつまででも 答えを待つよ

悲しみに暮れたキミの笑顔が見れるなら
誰かを思い出していても 今はかまわない
いつの日か その涙が渇ききった時に
その瞳で僕をまっすぐに見つめてくれれば それでいい

港の見える丘まで キミを連れ出して
その瞳にも 夜明けがくるのをずっと待ってるよ

悲しみに暮れたキミの支えになれるなら
誰かの埋め合わせでも 今はかまわない
いつの日か その涙が渇ききった時に
その瞳で僕をまっすぐに見つめてくれれば それでいい

コメントを残す