同じ月を見ている – 逗子三兄弟

また キミを想って月を見てる
キミは今 何を想うの?
ねぇ キミも同じ月を見てる?
どこか知らない町で

最終バスが過ぎていく
その場に一人 とり残されたボクは光明寺の坂を上る
空を見上げながら

振り払いたいはずなのに振り返ってしまうよ

また キミを想って月を見てる
キミは今 何を想うの?
ねぇ キミも同じ月を見てる?
どこか知らない町で

二人で見てた頃は あんなに優しく照らしてくれていたのに
どうして 今はこんなに冷たく光るの

最後の時 キミの前では強がって
受け止めなきゃと無理に納得したけど
どう言い聞かせたって いまだに心が忘れさせてくれないよ

また キミを想って月を見てる
キミには今 どう見えるの?
ねぇ キミも同じ月を見てる?
どこか知らない場所で

まだ キミを想って月を見てる
一人きり同じ場所で
まだ キミを想って月を見てる
本当はもうわかってる

きっと キミも同じ月を見てる
新しい恋をして
きっと キミも同じ月を見てる
誰かの腕の中で

コメントを残す