わらうた – 近藤晃央

「信じられないものが多すぎたから いっそすべて疑ってしまおう」
君の顔は難しそうに何かを抱えていた

ここにあるすべてが 奇麗に見えなくたってもいいからさ
君には知っててほしい 君自身が光なんだと

一緒に居られない時は遠い言葉だけど
一緒に居られたら
「おいで、君の居場所はいつだってここにあるから」

リクエストは「笑顔を見せて欲しい」
本気で笑えてない君の顔
「変な顔」って僕が笑ったら 君もおかしくなって笑った
ほら その顔が見たかったんだよ 僕が愛してやまない笑顔を
見るために練ったこの作戦も また君は笑ってくれるかい

信じられるものが多すぎたら 君には出逢えてなかったかもしれない
それだけでこのすべてが愛おしくなった

“嫌い”な部分があってもいい “知らない”事が1番悲しい
それでも “嬉しい”ことを何よりも強く 喜び合っていられるように

見つめると「どうかした?」と聞くけど そんな事に理由なんてないよ
しいて言うなら君が僕を見た時に こうして見つめ合えるように
そんな時は「暇人!」とか言って 待ってた僕を笑ってくれよ
一筆書きで書けそうなほど 笑った君の顔見て、幸せなんだ

らんら らんら らららら