雪月花 – 辰巳ゆうと

斬るは人より 己の魂(こころ)
斬って次代の 誠を通す
なみだ沁み入る だんだら羽織
誰が知ろうか 胸のうち
ああ 月よ 何処(いずこ)へ流れゆく

胸に残るは 愛しき女(ひと)の
想い徒花(あだばな) 憂いの花よ
義理と情けに 気持ちは揺れて
武士は日の本 未来(ゆめ)を追う
ああ 未練洗えよ 京の雨

鳥羽の川風 伏見の雲よ
散りゆく明日の 儚い大志
負けた刃の 一欠片(ひとかけら)にも
駆ける信念(おもい)は 薄命の
ああ 光風霽月(こうふうせいげつ) 青天(あさ)の雪

コメントを残す