逢いたかったよ – 辰巳ゆうと

春が来るのを 待ちきれないで
冬に散りゆく 花もある
逢いたかったよ どうしていたのかい
秋の風吹く 隅田のほとり
男同士の 屋台酒

惚れた女が 出来たと云って
離ればなれの この二年
逢いたかったよ どうしたあのひとは
こころ破れて かかえた傷の
愚痴もわかるが もうよせよ

時代変われど 変わらぬものは
おれとおまえと 空の月
逢いたかったよ 男の友情で
語り明かそう あしたは晴れる
夢は見なけりゃ 夢じゃない

コメントを残す