誘われてエデン – 辰巳ゆうと

甘い香りに ただ誘われて
恋をした 罪でしょうか

まどろみに 追いかけた愛は
情熱と 眩暈(めまい)の蜃気楼
その手をつかめば すり抜ける この胸にとまれ

こんなにも愛おしいなんて
初めて知る 恋の味
好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ大好きさ
心も体も しびれてるよ エデン

恋の虜(とりこ)で もう抜け殻さ
夢でいい そばにいたい

妖(あやか)しを 愛したとしても
かまわない 眠りに落ちたいの
貴方の名前を 呼びながら その胸の中で

こんなにも狂おしいなんて
死んでもいい 夢のまま
好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ大好きさ
心も体も しびれたまま エデン

こんなにも愛おしいなんて
こんなにも狂おしいなんて
好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ大好きさ
心も体も しびれてるよ エデン

コメントを残す