稲荷町恋唄 – 辰巳ゆうと

訳もないのさ あの別れ
まばたきする間の 幸せだった
酸っぱい味かよ あゝ初恋は
下谷(したや)神社に そよぐ風
向こう浅草 こっちは上野
ここは稲荷町 恋の町

純なこころが 眩しくて
格好ばかりを 気にしていたよ
失くしたあの日の あゝ忘れ物
探しあぐねて かっぱ橋
右に曲がって 左に折れて
ここは稲荷町 まよい町

云えずじまいの 告白じゃ
やっぱり遅いと 今さら知った
あの娘に逢いたい あゝもういちど
時の流れの 置き土産
鐘は浅草 上野の森か
ここは稲荷町 恋の町