しょんぼり東京 – 辰巳ゆうと

小雨に濡れる 仲見世通り
男のため息 また滲む
便りも途絶えて 今頃は
どうしているのか 元気でいるか
噂たずねて 浅草あたり
一人しょんぼり 雨の東京

改札口で 別れた君を
止めれば良かった あの時に
都会の暮らしを 夢に見て
どうしているのか 泣いてはないか
傘の花咲く 道玄坂で
一人たたずむ 雨の東京

笑顔が揺れる ふたりの写真
も一度会えたら 離さない
あきらめきれない 今もまだ
どうしているのか 幸せなのか
ビルの谷間の 新宿あたり
一人しょんぼり 雨の東京