剣に 剣に生きると 決めたなら熱い思いを たぎらせてゆくぞ嵐の 只中へ誠の道を まっしぐら総司の闘志は 燃え上がる 時は幕末。京の都では、尊王攘夷、倒幕を目指す人々の動きが活発となり、徳川幕府は、それを抑えるために新しい力を必要とした。そして文久三年、「新選組」が誕生。局長・近藤勇、芹沢、新見。副長・土方歳三、山南(やまなみ)。「誠」一字の旗印のもと、結束固きこの集団の中で、一番の剣の使い手こそ、沖
山あり谷あり 人生は夢に真っすぐ 喰らいつけ転げ落ちたら 爪を立て天(そら)を睨んで 這い上がれ今が勝負の 剣が峰男は燃える 獅子になれ 時には蝶々と 戯れて春に酔うのも いいだろう恋は茨と 云うけれど受けて立つ身の 心意気雨よ嵐よ どんと来い男は燃える 獅子になれ わき目もふらずに 全力で走る情熱 明日(あす)を呼ぶ風にたてがみ なびかせて希(のぞ)み千里の 道をゆくいのち雄叫び 高らかに男は燃える
斬るは人より 己の魂(こころ)斬って次代の 誠を通すなみだ沁み入る だんだら羽織誰が知ろうか 胸のうちああ 月よ 何処(いずこ)へ流れゆく 胸に残るは 愛しき女(ひと)の想い徒花(あだばな) 憂いの花よ義理と情けに 気持ちは揺れて武士は日の本 未来(ゆめ)を追うああ 未練洗えよ 京の雨 鳥羽の川風 伏見の雲よ散りゆく明日の 儚い大志負けた刃の 一欠片(ひとかけら)にも駆ける信念(おもい)は 薄命のああ
心にいつも 夢を抱きしめひとり見上げる 青い空一途な想い 弾ませてつかんでみせる 大きな虹を燃えろ青春 まっすぐに明日を信じて 花は咲く 心の根っこ 深くのばしてどんな試練も 受けて立つ笑顔で涙 吹き飛ばしこらえてみせる 雨風嵐ここが男の 見せどころつよく明るく 花は咲く 心は大地 のぼる太陽はるか未来へ つづく道足踏みしても 転んでも挑んでみせる 力の限り凛と踏み出す たくましさ春を信じて 花は咲く
命まるごと ぶつかってやるぞ青春 まっしぐらのぼる朝日の 情熱で鳴らす一番 夢太鼓男は こぶしで 勝負する 好きなあの娘を しあわせに俺がやらなきゃ 誰がやる仰ぐ夜空に 満ちる月胸の闘志が また燃える男は こぶしで 春を呼ぶ 打てば響くよ 人生はそれを信じて 握る汗未来(あす)の扉を 叩くよに力みなぎる バチさばき男は こぶしで 勝負する
春が来るのを 待ちきれないで冬に散りゆく 花もある逢いたかったよ どうしていたのかい秋の風吹く 隅田のほとり男同士の 屋台酒 惚れた女が 出来たと云って離ればなれの この二年逢いたかったよ どうしたあのひとはこころ破れて かかえた傷の愚痴もわかるが もうよせよ 時代変われど 変わらぬものはおれとおまえと 空の月逢いたかったよ 男の友情で語り明かそう あしたは晴れる夢は見なけりゃ 夢じゃない
甘い香りに ただ誘われて恋をした 罪でしょうか まどろみに 追いかけた愛は情熱と 眩暈(めまい)の蜃気楼その手をつかめば すり抜ける この胸にとまれ こんなにも愛おしいなんて初めて知る 恋の味好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ 好きさ大好きさ心も体も しびれてるよ エデン 恋の虜(とりこ)で もう抜け殻さ夢でいい そばにいたい 妖(あやか)しを 愛したとしてもかまわない 眠りに落ちたいの貴方の名前を 
ひさしぶりやね 帰ったよ、この街に懐かしい 波止場吹く風ガラガラと シャッターの音がする 路地裏通り やめた店も ふえたね人のながれは 変わってゆくけどあい変わらず 待ってた 大将(おやじ)の笑顔 青春酒場 青春の たまり場でうす茶けた 壁も とわずがたり安くて 美味いもんがいいこれが一番 今一番 すいも甘いも かみ分けた 盛り場で気晴らし 夢を語って赤らんだ 仲間たち前にして 笑って泣いた 風にゆれる 
愛することに疲れたみたい嫌いになったわけじゃない部屋の灯はつけてゆくわカギはいつものゲタ箱の中 きっと貴方はいつものことと笑いとばすにちがいないだけど今度は本気みたい貴方の顔もちらつかないわ 男はいつも 待たせるだけで女はいつも 待ちくたびれてそれでもいいと なぐさめていたそれでも恋は恋 多分貴方はいつもの店で酒を飲んでくだをまいて洗濯物は机の上に短い手紙そえておくわ 今度生まれてくるとしたならやっぱり女
墨絵ぼかしの 一筆書きかかすむ山々 ふるさと帰り都会のぐちも あるだろう吐いていけよと いうおやじむかし五合の 寝酒としゃれたおやじはお猪口(ちょこ)で 千鳥足 渕(ふち)も瀬(せ)もある 都会の川は風もきついと ふるさとは云う傷つくことは 怖いけどおやじゆずりの 意地もありじっとがまんの かあさんがいて大人になれたと 感謝する わずか三日で 一年分のこころやすらぎ 仕事にもどるあしたの夢は 胸の中め