7月のサイダー – 超ときめき宣伝部

君と歩いていた炎天下
新展開とか期待して
角を曲がったところのすぐの
お祭りに行こうかなんていって
道に一つ咲いた蒼蓮花
君の方がずっと綺麗だなんて
くさいこと言ったじゃないか

人混みに消えてく向日葵を
横目で枯らした最低だ
もう今からじゃ遅いかな

7月のサイダー
君が零したその夜は
いつになっても忘れられないから
痛くて痛くて苦しい毎日を
消してしまいたいな
全部僕のせいだ一人歩いた
上がる花火の切なさを覚えた
嗚呼、この夏のせいだ

君と話していた「3年か」
安定感が心地よくて
いまもずっと
あの頃を思い出してしまうんだ

人知れず過ぎてくこの日々を
思い出し繰り返す散々だ
そう今からじゃ遅いから

7月のサイダー 僕は飲み干した
その夜はいつになっても
忘れられないから
痛くて痛くて寂しいこの想い
どうにかならないか

全部君のせいだ一人走った
海に切なさを叫んだ
嗚呼、いや僕のせいだ

少し錆びれた街灯
待ち合わせ心の振動
君の声はきこえないでしょ
来年のお祭りは
握った手を離さないから
もう今からじゃ遅いかな

7月のサイダー君と過ごした
あの日々はきっとずっと
無駄じゃないからさ
痛くて痛くて苦しい毎日も
乗り越えていくんだ

忘れていたそうだ僕が奇跡だ
ここに居ることが素敵だ
君を忘れないよ
思い出に残すよ
嗚呼、この夏のせいだ

7月のサイダー
君はこぼした
ぼくは飲み干した
この夏のせいだ