さくら燦々 – 超ときめき宣伝部

いつもの席で いつもの話
揺れるセンチメンタルに
気づかないフリしてた

寂しい顔も 見せてくれない
君の強さ ちょっとだけ
今は もどかしくなる

輪になって ふざけてるあいつも
いつだって 涼しげなあの子も
赤い目をして 笑うよ

「こっちまで泣けるからやめて」と
からかって おどけたりしながら
無理やりに 誤魔化すけど

古ぼけたチャイムの音
今日で最後の このメロディー
旅立ちのシグナルが
ああ 鳴り響く

春の風 ふわり吹いて
窓の外で はらはら舞う 綺麗だ

いつだって 先をゆく背中が
未来を見つめているその目が
眩しすぎるから
怖いだなんて 泣き言なんて
言えるはずがないよ

お互いのこと なんでもわかる
二人だけのメモリー
お揃いの 青い春

すぐ散った 初めての片思い
「ダメだ」って 情けない顔して
涙ぬぐってもらったこと

退屈だった 5時間目を
こっそり抜け出して 駅前の
カフェで語り明かしたこと

どこにいたって君だよね
だれといたって私だよ
いつまでも 変わるはずない
それだけは

春の風 ふわり拭いて
違う明日へ 連れて行っても 迷わない

例え離れ離れになっても
失くしたりはしない宝物
君がくれたから
怖がらないで 広い世界へ
羽を広げるんだ

春の風 ふわり吹いて
窓の外で はらはら舞う

数えきれはしない思い出は
色あせたりしない思い出は
君で溢れてる
私もきっと できるよきっと

春の風 ふわり拭いて
違う明日へ 連れて行っても 迷わない

例え離れ離れになっても
失くしたりはしない宝物
君がくれたから
怖がらないで 広い世界へ
羽を広げるんだ

向かい風だって気にしない

羽を広げるんだ