動天 – 谷村新司

覚悟の朝の光の中に
浮かんでまた消えてゆくもの
夢の由緒を教えた人か
愛の意味を教えた人か

見上げる空は流れてはいない
この世が流れているだけ
夢に挑み溢れた涙が
男を漢に変える

立ち止まるな 振り返るな
雲を呼ぶ風ならば
名残もなく祈りもない
陽は今 昇り始めた 動天の

生まれてそして死んでゆくなら
そこに愛も夢もいらない
時の流れに棹さす人を
時代はいつも愛さない

気づいて欲しい流れているのは
空じゃない人だと
孤独にたえ溢れた涙が
男を漢に変える

立ち止まるな 振り返るな
雲を呼ぶ風ならば
名残もなく祈りもない
陽は今 昇り始めた 動天の

立ち止まるな 振り返るな
雲を呼ぶ風ならば
名残もなく祈りもない
陽は今 昇り始めた 動天の

コメントを残す