すずかけ通り三丁目 – 谷山浩子

何気ない町の角を ふとまがったら
そこはまるで 静かな夢
けむるような 日ざしの中で
突然 思い出してしまった
朝のにおい 水の音
突然 よみがえる あの頃の
幸せな あの子とわたし
思い出は眠っている 心の奥に
だけどきょうは たずねて来た
時の彼方 すずかけ通り三丁目の白い家

突然 思い出してしまった
雨のやさしさ 雲の色
かすかな記憶のかたすみに
風の中 あの子の瞳
思い出は眠っている 心の奥に
だけどきょうは たずねて来た
時の彼方 すずかけ通り三丁目の白い家