こわれたオルゴール – 谷山浩子

オルゴールの箱の中に とじこめたまま
大切にしてきた 思い出のかけらたち
手紙の束 古い写真 夢色ビーズ
ひびわれた貝殻 ガラスの仔馬

まわれオルゴール まわせ 思い出を
TIN TIRI TIM PAM TITITIRI TIM PAM
思い出まわせ オルゴール

オルゴールの箱をかかえ 街に出たのよ
突然出会ったの いたずらなまなざしに
吹き抜けた春風 そしてめまいのように
よろめいて倒れた あなたの腕の中

思わずオルゴール 落としてしまったの
TIN TIRI TIM PAM TITITIRI TIM PAM
舗道に落ちたオルゴール

アスファルトの上に散らばる 思い出たちは
悲しげに微笑み わたしに告げていたの
誰でも新しい船に 乗る時がくる
このままふりむかず その人とお行きよ

まわるオルゴール こわれたオルゴール
TIN TIRI TIM PAM TITITIRI TIM PAM
最後の歌 聴かせてくれた

TIN TIRI TIM PAM TITITIRI TIM PAM
さよなら わたしのオルゴール

コメントを残す