HOT LAZY NIGHT – 角松敏生

真夜中にそっと開け放した窓から
入り込んだ湿った空気
その物憂げな仕草
グラス飲み乾した
おまえの細い足首に光る金色の鎖

片隅でストレリチアの葉影
物静かな真夏の余韻
音が消えたTVの七色の灯り漂う
淡い吐息のかけらが微睡みを誘う

止められたままの時の迷路の中
僕らは遊んでいる
水のようにゆらめいたら
抱きしめた想いが浮かびあがる

まるで女神のように
髪をほどいた
おまえの濡れた唇に
そっと指を重ねる

コメントを残す