Woman – 見田村千晴

今日が昨日に変わる頃 女はようやく帰り着く
集合ポストにはどうせ ご利用明細とピザ屋のチラシ
それだけ

ヒールがやけに響くから 女は抜き足差し足で
滑稽な姿だけれど いつの間にやら慣れてしまった
ダサいな

会社のトイレばっか磨いて 家のトイレ汚れてく日々です
どこまでやれるんだろう 考えては寝落ちして

朝が来るたびに
もしかして 期待して 目を開けて
無駄になったっていいじゃないか
何度だって始まれ
また不器用につまずいて 馬鹿だなぁって笑っている
そうして強くなれ

胸を張れずに見栄を張り 女はしばしば間違える
失ったものを数えては 分かった気になって泣いたりしてる
不思議ね

すぐに忘れてしまうから 女は何度も繰り返す
ワインレッドの爪だけが 剥がれかけてるわけじゃない
よく見て

平積みされなきゃ気付けなくて 思考停止 怖くなる日々です
目まぐるしい変化に 戸惑ってて当たり前

夜が来るたびに
迷わずに 確実に したたかに
光を灯し 策を練って
唇に歌を
誰にも邪魔なんてされない たったひとつの旋律
そうして守り抜け

突然来るだろう
そのときに 慌てずに 大胆に
イメージだけはぬかりないさ
背中に勇気を
思い込みなんて取っ払って

朝が来るたびに
もしかして 期待して 目を開けて
無駄になったっていいじゃないか
何度だって始まれ
また不器用につまずいて 馬鹿だなぁって笑っている
そうして強くなれ