15歳の。 – 見田村千晴

簡単な言葉のほうが
いざってとき言い出せないのはどうしてだろう?

Oh なんだってできるけど
Oh なんにもできないよなぁ
Oh 大人になりたいのかも
Oh 分からないまま季節は変わる

いろんなものが無くなった
何度も諦めた
残ったのは 変わらない気持ち

簡単な言葉のほうが
いざってとき言い出せないのはどうしてだろう?
大切と分かっていても
いつも少し間に合わなくて 悔しいんだ あぁ

Oh 何気ない一言が
Oh 助けてくれたんだよ
Oh 君は覚えてなくても
Oh ずっと僕の中にある希望

ご時世 忖度 空気 足並み 我慢
本当は そう みんな不安なだけさ

平気なフリしてたけど
こぼれそうな涙 こらえるのが精一杯で
君と笑いたいんだ
限りある時間を どうか一緒に

大人になる頃には
この気持ちも上手にやり過ごせてるのかな
そうだといいな

簡単な言葉のほうが
いざってとき言い出せないのはどうしてだろう?
大切と分かっていても
いつも少し間に合わなくて 悔しいんだ あぁ

明日晴れたなら 会いに行こう