銀河鉄道の夜 – 見田村千晴

カーテン越しに差し込む光で目が覚める
心臓に手を当て今日も生きていることを確かめる
窓を開けてもあの見慣れた風景はないけど
そのかわり見えるのは青く光る地球だ
このステーションに来てからもう1ヵ月が経ちます
銀河鉄道のレールは着々と伸びていきます
無重力にも宇宙服にも慣れたけど
君のいない朝にはいまだに慣れることができません
出発前日の君の表情を思い出すたび
家を出る直前にくれたお守りを握りしめるたび
何度となく胸が締め付けられるけれど
許してほしいこれが僕の夢っていうやつだ

銀河鉄道のレールを作るというこの仕事は
想像していた以上にやりがいのある仕事です
あらかじめ決められたレールをただ走るのではなく
自分でそのレールを作っていけるのだから
図らずともこの仕事に人生を重ね合わせて
どこまでもどこまでも続いていくこのレールを
見たときに太陽の光を反射して輝く
その光景の美しさを僕は言葉にできません
ちょうど今も地球がはっきりと見下ろせる
日本は夜だから君はぐっすりと眠っているのかもしれない
宇宙の片隅で君の寝顔を想像するなんて
そんなこと十年前に誰が想像しただろう

この人類初の銀河鉄道が開通したらすぐにでも
君を連れてもう一度ここに来ようと思ってる
この神秘的な軌跡を次は二人で見たいから
もう少し、もう少しだけ待っていてくれよ
人類初の銀河鉄道が開通したらすぐにでも
作業場で拾った一番星を持って帰ろうと思ってる
この神秘的な輝きを君にも見せたいから
もう少し、もう少しだけ待っていてくれよ

こんな風に離ればなれになってしまうことは
寂しいけれど決して悪いことばかりではなくて
お互いを成長させたりもするから
今はありがとうとかまた会おうとかありふれたことが言いたい
こんな風に離ればなれになってしまうことで
君の大切さが身に染みてわかるきっかけになってる
たくさんの言いたいことがあるはずだったけど
今はありがとうとかまた会おうとかありふれたことが言いたい

カーテン越しに差し込む光で目が覚めます
心臓に手を当てるあなたの癖を思い出します
窓を開けるといつもと変わらない風景だけど
近頃は逆に私を安心させてくれます
あなたが行ってしまってからもう1ヵ月が経ちます
銀河鉄道のレールは着々と伸びているというニュースが
こちらではひっきりなしでもう慣れましたが
あなたのいない朝にはいまだに慣れることができません
出発前日のあなたの表情を思い出すたび
私の心は不安で壊れそうになりますが
いつだって向こう見ずなあなたのことです
それがあなたの夢なら私の夢にもなります

銀河鉄道のレールを作るというその仕事は
私にはとても想像することもできませんが
どうなってしまうのかさっぱり想像できないところが
よく考えればあなたの人生そのものに見えます
こちらではもうすぐ七夕がやってきて
天の川がまっさらな夜に星の橋をかけます
その下では子供たちが短冊に祈っている
そんな当たり前の風景をあなたは覚えていますか?
何本もの花火が何もない夜に咲きます
こうして空を見上げていると不思議な気持ちになって
何故だかわからないんだけど涙が溢れてきて
ねえあなたは本当にこの空の向こうにいるの?

あなたがこの地球に帰ってきたらすぐにでも
手をつないでいつもの風景の中を歩きたい
宇宙について熱く語るあなたの笑顔を見たいから
いつまでもいつまでもこの星で待ってる
あなたがこの地球に帰ってきたらすぐにでも
あの場所に寝転がって空を見上げ話したい
ささやくように語るあなたの声が大好きだから
いつまでもいつまでもこの星で待ってる

こんな風に離ればなれになってしまうことは
寂しいけれど決して悪いことばかりではなくて
お互いを成長させたりもするから
今はありがとうとかまた会おうとかありふれたことが言いたい
こんな風に離ればなれになってしまうことで
あなたの大切さが身に染みてわかるきっかけになってる
たくさんの言いたいことがあるはずだったけど
今はありがとうとかまた会おうとかありふれたことが言いたい

たった今、君の声が聞こえた気がしたんだ
こんな宇宙の片隅でたった一人たたずみ
立ち止まった僕のそばを流れ星が追い抜く
とっさに手を合わせ繰り返す僕の願いよ、届け