最後の告白 – 見田村千晴

これが最後の告白と 勝手ながら今決めました
運命とか嘘くさいから
全部見せるから
ねぇ 君の未来 ください

似てるとこなんて
全然無い二人
悔しくて惹かれてた
めちゃくちゃな理屈でも

寂しいからじゃなく
不便だからじゃない
君だからだって
この確信は本物

隣り合って 感じる呼吸でわかる
目を開けたまま 同じ夢を見てる

これが最後の告白と 勝手ながら今決めました
絶対とか分かんないから
全部叶うから
空に三日月 折れそうに
笑うように揺れたその隙に
君の未来 ください

気付かないように
傷つかないように
生きてく術なら
身につけた はずでした

何度目の正直を 信じれば笑えますか?
信念とわがままの 境界線はどこですか?
逃げ出しそうな身体を この心が許さない
もうすぐ 夜が明ける

ほろり流れるその理由を 上手く言えるはずもないのに
それでも 伝えたいことが
もっと もっと あるんです

これが最後の告白と 誰にも言わずに決めました
運命とか嘘くさいから
全部見せるから
空に三日月 折れそうに
笑うように揺れたその隙に
君の未来 ください