十七才のこの胸に — 西郷輝彦

風に吹かれた 花びらを
うかべて波は 遠ざかる
ひとりぼっちの 湖は
口笛さえも 切れ切れに
山むらさきに 夜がくる

空をまっかに そめながら
どこ行く夕日 ひとり旅
そっとよぼうか 思い出を
十七才の この胸に
しまっておいた 思い出を

夜がしずかに 訪れりゃ
湖さみし 風さみし
ひとりぼっちの ぼくだから
あてなくたどる 落葉松(からまつ)の
林の道を ただひとり